うつ治療は一体何をするのか【治せない病気じゃない】

さまざまな種類がある

女性

さまざまな種類がある

うつ病は、症状の現れ方によって大きく二つに分類されます。それは、抑うつ状態だけが起こってしまう「うつ病(大うつ病性障害)」と抑うつ状態とそう状態を繰り返す「双極性障害」です。「うつ病(大うつ病性障害)」は、生活上で感じるさまざまなストレスが引き金となって発症します。現代では、このタイプのうつ病患者が増えており、抑うつ気分や物事に対しての興味・関心が無くなってくるという症状が起こります。他にも、体重の減少、疲れやすい、不眠になっているなどの身体的な症状もあらわれてきます。「双極性障害」は、少し前まで躁うつ病と呼ばれている病気でした。これは、そう状態といわれる非常に元気になる、何でもできてしまうという思いこみが起こったり、酷く落ち込んでマイナス感情が強くなる抑うつ状態が起こったりする二つの極端な気分の波が発生します。また、抑うつ状態となれば従来のうつ病と何ら変わりがないのでうつ病と間違われることが多いのです。それに、そう状態となれば行動をよく見ておかないと危険な状態になることも。そう状態は、何でもできると思い込んでしまうので極端に言えば「空を飛べる」と思ったら何の躊躇もなく高いところから飛びおりてしまうこともあります。ですから、うつ病だと思っていたのに凄く元気だなと感じたら、そう状態になっている可能性があるので注意しておいたほうがいいでしょう。

治療法も違う

うつ病と双極性障害は、治療法が異なります。そのため、うつ病だと思っていたのにそう状態も起こってなかなか治らないということもあり得ます。そういった時は、すぐに治療を受けているクリニックの医師に相談しましょう。そうすることで双極性の治療法に変更したり、適した治療を提案してくれたりします。