うつ治療は一体何をするのか【治せない病気じゃない】

再発を防ぐ方法

ウーマン

再発率の高い病気

うつ病は、治療を順調に進めていても再発してしまうことが多い病気になります。特に、もう治ったと勘違いしやすい回復期に入る頃に気を緩めてしまって再発に繋がってしまうことがあります。そのため、再発を防ぐ為に注意がとても重要となる病気になります。
うつ病の症状が強く出てしまう急性期が終わってしまうと、回復期へ突入します。回復期は、治療を続けていることで症状が徐々に改善されていきます。この時期に人によっては強い「自殺念慮」に支配されてしまうことがあります。これは、いったん症状が落ち着いて軽くなることで気持ちが安らいでしまうと同時に「もうあんな辛い思いをしたくない」と再発を恐れてしまって「この世から消えてしまったほうがいい」と考えてしまうのです。思ってしまうだけで行動に移さなければいいのですが、回復期はこの衝動にかられやすいので気をつけなければいけないのです。ですから、回復期の再発リスクを下げる為に徹底的に治療を行なう必要があります。また、うつ病の多くは症状が回復してきたとしても2年から3年以内に半数以上の人が再発するといわれています。そして、再発してしまうと以前よりも症状が重くなってしまうことがあり、治療の際に服用する薬の量を増やさなければいけなくなることもあります。

予防する対策とは

うつ病の再発を予防するには、維持療法という治療を継続していくことが大事です。うつ病の場合は、いきなり薬の服用を止めてしまうのではなく段階的に徐々に減らしていくことが大切です。服薬期間は1年から2年ほどと言われていますが、重症や慢性化している人は数年かかることがあるので治療を続けて、再発を予防できるようにしたほうがいいでしょう。また、行動の認知をコントロールして予防することも大事です。例えば、自分一人ではできないと悩むのではなく周りの人に手伝ってもらうという考え方に改めることで気分が大きく変わります。他にも、睡眠をしっかりと取るようにして不眠気味になったら医師に相談しましょう。後は、周囲からのサポートも大切です。家族にうつ病のことを理解してもらって再発リスクを下げる協力もしてもらいましょう。そうすることで、気分も楽になり治療の効果も実感しやすくなります。